社会福祉法人廿日市市社会福祉協議会(廿日市市社協)は、広島県廿日市市で地域福祉を推進する民間団体です。

社協のこと

  • HOME »
  • 社協のこと

社会福祉協議会(社協)とは、住民参加の理念のもと、地域住民の福祉向上をはかることを目的に設置されている民間の福祉団体です。

社協の活動は、常に地域住民の立場に立って、思いや願いを反映し、誰もが安心して地域生活、日常生活が営めるよう様々な支援活動を展開しています。

自分の住み慣れた地域で、家族や友達とともに当たり前に暮らしたい。日々希望を持って自分らしく幸せに暮らしたい。私たちはそう願っています。しかし、そんな願いをはばむ様々な生活上の問題があり、多くの人が悩みをかかえているのが現状です。
福祉を住民の思いや願いに、より即したものにするためには、行政サービスの充実とともに住民の参加が不可欠です。
そのため、地域住民が中心となり、その意向が各種事業に反映され、本会の運営に生かす体制づくりを行なっています。

廿日市市社会福祉協議会は「一人ひとりの市民がいき生きと暮らせる福祉のまちづくり」を実現するために、地域住民をはじめとして、行政・医療・保健福祉・福祉関係団体などにも参画していただき、理事、評議員、各種専門部会として、各種事業の立案や運営を担っていただき、地域福祉の増進をはかっています。

社協の活動や運営は地域に支えられているのです。地域の理解や参加が福祉活動を創造し、育み、住民福祉の向上につながっていきます。

社会福祉協議会は、住民主体、住民参加を基本に、福祉のまちづくりに取り組みます。

PAGETOP
Copyright © Hatsukaichi Council of Social Welfare All Rights Reserved.