みなさんのお住まいの地域にはたくさんの素敵なサロンがあります。このたび訪問させていただいたサロンをこちらでご紹介します。

 

今回おじゃましたのは、阿品地区の「阿品2丁目元気サロン」です。

阿品2丁目で集える場所を作りたいという思いをきっかけに、平成22年から開催を続けておられます。いつもは第2・3・4金曜日の午前中に阿品市民センターで開催されていますが、年明けの第1金曜日から新会場での活動をスタートされると聞き、早速おじゃますることにしました。

この日はいつもの会場である阿品市民センターで世話人さんと待ち合わせし、歩いて新会場まで案内していただきました。最初は平坦な道のりでしたが、次第に…


目の前に広がるのは長い上り坂でした! また、階段も多くあるので、この辺りにお住まいの方々がご苦労されている日常の様子を想像し「これは大変だなあ」とつくづく感じました。

「結構きついでしょう!いつもの市民センターまで通うのがしんどくて、サロンに来なくなってしまう方の事が気になっていたんですよ。それでね、この近くで集える会場を探してみようと思い始めたんです。」と話される世話人さん。私たちも実際一緒に歩いてみて、高齢の方にはずいぶんと大変な道のりであることがよくわかりました。

まだまだ上りは続いていきます。

後でこんな所も歩いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い上り坂が続く中、ようやく到着しました。


そう、新しく見つけた会場は一個人のお宅でした。現在は空き家となっている所で、持ち主さんのご理解を得て月に一度、サロン会場として貸していただけることになったそうです。

もう話し声が聞こえていましたので、早速おじゃますることにしました。

 

この日は初回とはいえ、お部屋の中はとっても賑わっていました。


 

お茶の準備も全員で手際よく進んでいきます。


 

みなさんこの日を楽しみにしておられたようで、部屋中いろんな話題で大盛況♪♪ 「来月はトランプやカルタなんてどう?家にあるよ。」なんて話も聞こえ、どうやら数か月先までやりたい事の予定が決まったようでした。また、「今度は男性も誘わんとねえ」との声も上がっていました。

 

お茶のおかわりを入れましょうね♪

 

 

 

 

 

 

ほかにも「ここの名前、何かいいのがないかねえ?」の問いかけに、「”すずめのお宿”はどう? みんなおしゃべり好きだし、酉年にもちなんでね。」との案が出てきて、全員一致で”すずめのお宿”に決まりました。 「じゃあ、看板を作らんといけんねえ。」と、楽しみがまた一つ増えますね!

私たちも”すずめ”になっておしゃべりさせていただきました☆

 

 

 

 

 

 

 

やはり、我が家の近くにみんなで集える場が増えてどなたも嬉しそうな表情でした。この地区内の困りごとの一つ、坂道の事に対する世話人さん達の努力と、楽しいひと時を過ごされているみなさんの笑顔に、とても素敵な気持ちで会場を後にすることが出来ました。

 

廿日市市社協は地域のサロン活動を応援しています。サロンに参加してみたい、ご自身の地域にもサロンを立ち上げたい、サロンに携わりたい等お気軽にお問い合わせください。サロンのことについてはコチラをご覧ください。