みなさんのお住まいの地域にはたくさんの素敵なサロンがあります。このたび訪問させていただいたサロンをこちらでご紹介します。

 

今回おじゃましたのは、地御前地区の「金剛寺サロン」です。

ご近所内で集い、みんなで楽しくおしゃべりなどいろんな事ができて元気が出る場となるよう、新しく始められたサロンです。

おじゃましたこの日は、前日から降り続いていた雨が朝方まで降っていたにもかかわらず、サロンの開催に合わせたかのようにスタートの午前10時前にはすっかり止み、絶好のサロン日和となっていました。今回のサロン訪問も何やら楽しそうな予感がします♪

会場に到着すると、部屋の中は参加者のみなさんの声でにぎわっていました。

受付のあと、みなさんにご挨拶を済ませると、早速、全員で体操からスタートです。

 

指導される方からは「心も体もゆるめましょう~♪  朝は関節が固いですからねえ。」と掛け声のもと、みなさん無理のない範囲で体を動かしておられました。これらのことは決して年齢には関係なく、誰にでもあてはまることですよね。

全身体操を終えると、これだけでは終わりませんっ!更に頭の体操も追加されていきましたよ。みなさんでジャンケンするといっても、手と口は別々に出しましょうなんて、なかなか難しいですよ。

 

すっかり体がほぐれたところで、このあとはちょっとばかりお勉強の時間だそうです。

この日は“地域包括支援センターはつかいち”の方がお話に来られていました。

みなさん今はお元気に我が家で暮らしておられますが、誰でも年齢と共に自分では出来ないことも増えてきます。気になることは一人で抱え込まず、日頃から家族にお話したりすることが大事ですが、困ったときには相談できる場所があることを知っていてくださいね、と優しくお話してくださいました。

参加者みんなで車座になってお話ししていると、とても距離が近いからでしょうか、とても楽しい雰囲気がつくれていいですね。

 

 

お話はまだまだ続くので、お世話人さんの計らいから続きはお茶を飲みながらにしましょうかね~と一声。参加者全員でお茶の準備が始まりました。サロンを始められてまだそんなに経っていないですが、みなさん息がピッタリ合っておられ、あっという間に準備完了です。

 

 

 

 

ちなみに、いつも使っている紙コップホルダーには参加者みなさん自分の名前ではなく、好きな花の名前を書いておられました。なんて粋なアイデアでしょう。

 

 

 

 

また、この日は節分の日が近いのでと“豆まき”ならぬ鬼からの“豆くばり”がありました!心やさしい鬼が来てくれてみなさん嬉しそうでした。


 

 

余談ではありますが、みなさんが腰かけていらっしゃるイス。気になってよーく見てみると、実は元々違うものでした。よその施設で不要となったものを上手く再利用しておられ,私たちも腰かけてみましたが、これが丁度いい高さで意外と楽チンでした。こんなところにも細やかな配慮が配られてあり、素敵だな~と思いました。

 

 

みなさん一息つかれたところで、引き続き地域包括支援センターの方からお話が始まりました。

後半の中でされたお話を一つご紹介させていただくと、「家族には迷惑を掛けたくないから、日頃の自分のことは話していないんですよねえ…」と話される参加者さん達に、「困っていない時から今の自分のことをご家族に伝えておくことが後々は”子ども孝行”につながることもあるんですよ。」と話しておくことの大切さを伝えておられました。

 

また、「特別なことではないけれど、こうしてみんなで集うこの場が“介護予防”のひとつにつながっているんですよ」との言葉に、みなさんで「そうなのね~」と声をそろえてニッコリ♪笑顔でこの日のサロンが終わりました。

 

会の最後には、世話人さんから参加者のみなさんに感謝の言葉が伝えられ、感極まって涙ぐまれる場面も…

こちらのサロンを始められるあたり、会場内の掃除や片付けなどご苦労もたくさんおありだったそうです。そんな作業の中、ある子どもさんが会場内にある黒板に「ようこそ金剛寺サロンへ!楽しんでね」と書いてくれて、今も消さずにあり、参加者のみなさんを出迎えてくれています。

 

お世話人さんは、このサロンを

「“きょうよう”(今日、用がある)、“きょういく”(今日、行くところがある)の場であるよう、また、たくさんの人が参加してくれたらうれしいです。」と思いを話してくださいました。

みなさんの笑い声がたくさん聞こえて楽しく元気になれるサロン、お日様も味方になってくれるはずですね…。きっとこれからもみなさんに愛される集いの場となることでしょう。

 

廿日市市社協は地域のサロン活動を応援しています。サロンに参加してみたい、ご自身の地域にもサロンを立ち上げたい、サロンに携わりたい等お気軽にお問い合わせください。サロンのことについてはコチラをご覧ください。