社会福祉法人廿日市市社会福祉協議会(廿日市市社協)は、広島県廿日市市で地域福祉を推進する民間団体です。

福祉サービス利用援助事業「かけはし」

福祉サービス利用援助事業「かけはし」って?

自分ひとりで、ものごとを決めることが不安な人に対して、日々の暮らしに必要な福祉サービスの利用手続きやお金の管理をお手伝いをさせていただき、安心して暮らせるよう支援する事業です。

 

どんな人が利用できるの?

認知症や障がいなどによって、自分ひとりで福祉サービスの利用などを決めることが不安な人や、日々の暮らしに必要なお金の管理に困っている人などが利用できます。

 

どんな支援をしてくれるの?

次の3つの支援があります。

1.福祉サービス利用手続きのお手伝い

  • さまざまな福祉サービスの利用に関する情報提供や相談
  • 福祉サービスの利用申込み、契約の代行・代理
  • 入所・入院している施設や病院のサービス利用に関する相談
  • 福祉サービスに関する苦情解決制度の利用手続きの支援
  • 成年後見制度に関する相談や利用支援

2.生活に必要なお金の出し入れのお手伝い

  • 福祉サービスの利用料の支払い手続き
  • 病院や医療費の支払い手続き
  • 年金や福祉手当の受領に必要な手続き
  • 税金や社会保険料、電気、ガス、水道等の公共料金の支払い手続き
  • 日用品購入の代金支払い手続き
  • 預貯金の出し入れ、また預金の解約の手続き

3.通帳や印鑑、大切な書類などのお預かり

  • 希望される通帳や印鑑、証書などの書類の預かり

 

誰が支援してくれるの?

社会福祉協議会の専門員と生活支援員が支援します。

  • 専門員…本人の希望や困りごとにもとづいて、どのような支援を行なうか一緒に考えます。
  • 生活支援員…契約内容にそって定期的に本人のもとへうかがい、福祉サービスの利用手続きや預貯金の出し入れなどを支援します。

 

利用料はかかるの?

利用料は次のとおりです。

  • 福祉サービス利用手続きのお手伝い
  • 生活に必要なお金の出し入れのお手伝い
1,500円/1回(2時間程度)
  • 通帳や印鑑、大切な書類などのお預かり
1,500円/1か月

 

どうすれば利用できるの?

まずは、お近くの社会福祉協議会へご相談ください。

 

はつぴぃ かけはしクローバー

かけはしリーフレット

 

 

 

PAGETOP
Copyright © Hatsukaichi Council of Social Welfare All Rights Reserved.