あいプラザで、実施された福祉の体験学習の様子です

あいプラザ(廿日市市総合保健福祉センター)では施設見学、福祉体験を随時受け付けています。

6月には廿日市小学校の児童さんが施設見学と福祉の体験に来られました。

ボランティアセンターの職員による、「ボランティア」についての説明のあと、地域のボランティアグループなどのご協力を頂き、車イス体験、手話体験、点字体験の各グループに分かれてのボランティア体験をしました。

 

ボランティアさんから説明を聞きます

 

坂道は大変!
力を合わせて車イスを押します。

 

その後は、あいプラザの施設を見学しました。手すり、点字ブロックなどは見る機会もありますが、館内にはそれ以外にも「みんなにやさしい建物」の工夫がいっぱいあります。児童さんたちは熱心に説明を聞いていました。

廿日市社協では福祉教育に関する支援をしています。「こんなことが学んでみたい」ということがあれば、ご希望に合わせた内容で対応させて頂きますので、ぜひご相談ください!