2018年10月30日、あいプラザ講座室で「サロン世話人のためのおしゃべりサロン」を開催しました。

今回は「他市町のサロンの取り組みから自分たちのサロンについて考えよう」をテーマに廿日市地域のサロンにかかわる16名の方にご参加いただきました。まず、他市町のサロンでの取り組みを紹介し、そこから自分たちのサロンでの取り組み状況や、取り入れてみたい活動などを話し合いました。

他市町のサロン活動を紹介しています。

「他市のサロンは回数が多く、参加者もたくさん集まっているので、びっくりした」「いろいろな遊びを取り入れているのが良いと思った」「男性の参加者が多いサロンがあって、これからの参考になった。」など自分たちのサロンとの違いや参考にしたいことなどの気づきがあったようです。

つづいて、他市だけでなく同じ地域のサロン同士での情報交換を行いました。どのように参加者を増やしているのか、どんな活動をしているのかなど、これからのサロン運営の参考にできる意見が活発にかわされました。

「私たちはこんなことをしとるんよ」「このあいだこんなことがあって…」みなさん積極的に意見をかわしています。

情報交換の後、元宮園「花や」の店主森兼勝成さんと、そば打ち体験をしました。和気あいあいとした雰囲気の中、数人の参加者に生地をこねたり、のばしたり切ったりを体験してもらいました。

一生懸命こねてもらいます!

きれいに伸びています♪

コツをつかんで先生から褒められる参加者もいました。「丁寧に教えていただき勉強になりました」「うちのサロンでもやってみたいね!」「おいしくいただきました!」とみなさんの表情もにこやか、おいしい食事に会話も弾んでいたようです。

サロン活動を続けるなかで「地域の方との交流機会が増えた」「声をかけてくださるので、うれしくてありがたい」と参加者とのふれあいを大切に皆さん頑張っていらっしゃいました。

「サロン世話人のためのおしゃべりサロン」では世話人同士で悩みや喜びを共有していただき、サロン運営での不安解消や情報共有を目指しています。ぜひみなさんもご参加ください!

お問い合わせ はつかいちボランティアセンター サロン担当者まで TEL34-0231