誰もが安心して暮らせる廿日市を考えるつどい・はつかいちSOSネットワーク講演会「認知症の人の災害支援を考える」を開催します。

昨年、7月に起こった西日本豪雨災害の対応事例から、認知症高齢者やその家族にとって必要な行動を学ぶと共に地域ができる支援について、皆さんと一緒に考え理解を深める場とします。

1 開催日時 平成31年3月24日(日) 13:30~16:00 (受付 13:00~)

2 開催場所 廿日市市総合健康福祉センター「あいプラザ」1階 多目的ホール

         廿日市市新宮1丁目13番1号

3 主な内容

(1)実践発表 

〇認知症の人の避難行動、避難所生活で見えてきたもの

講師:小規模多機能ホーム「ぶどうの家真備」 代表 津田 由起子 さん

〇被災からの『生活再建』と『地域づくり』とは

講師:坂町地域支え合いセンター センター長 木下 健一 さん

(2)パネルディスカッション

〇認知症の人の災害支援を考える

パネラー:金本 捷敏 さん(認知症の人と家族の会広島県支部 廿日市市大野地区代表)

      佐川 智弘 さん(廿日市市 危機管理課 危機管理係 補佐兼係長)

 助言者:津田 由起子 さん

      木下 健一 さん

 進行:廿日市市社会福祉協議会 地域福祉課

4 参加申込み

(1)申込み方法 電話あるいはFAX

(2)申込締切 平成31年3月18日(月)

(3)参加費 無料

(4)お問合せ 廿日市市社会福祉協議会 地域福祉課 担当:野村、長谷川

    (TEL:0829-20-0294/FAX:0829-20-1616)

チラシはこちら →