広島土砂災害を支援するボランティアバスを終了しました

広島市安佐北区災害ボランティアセンターに向けてボランティアバスを運行し、現地で支援活動を行なってきましたが、9月30日をもちまして終了しました。

8月19日夜からの記録的な大雨により、広島市内において甚大な土砂災害等が発生しました。

この災害により被災された方の生活支援を行うために廿日市市社会福祉協議会では、8月27日から9月30日まで広島市安佐北区災害ボランティアセンターに向けてボランティアバスを運行し、現地にボランティアを派遣して支援活動を行なってきましたが、第2クールの終了日、9月30日をもちましてボランティアバスの運行を終了とさせていただきました。


P1070812全クールで23日間、延べ400人余りのみなさんにボランティア参加していただき、家屋の土砂かきやがれき撤去、家財道具の搬出などの作業を行ないました。

ありがとうございました。

P1070688

 

ボランティア活動保険の加入手続き、ボランティア活動の相談など個人活動の支援については、引き続きはつかいちボランティアセンターで行なっております。

多くのご協力をありがとうございました。

 

 

 

 

P1070632*安佐南区、安佐北区両災害ボランティアセンターは「復興連携センター」と名称を変え、ボランティア受付は土日のみになります。

詳しくは復興連携本部のHPをご覧ください。